徒歩~分の意味と注意しておきたいポイント

不動産物件の広告では、よく「~駅から徒歩5分」などという表記がなされており、それを参考に物件のある場所の利便性などをイメージすることができます。
しかし、どうやって分数を計算しているのかといったことを疑問に思ったことがある人もいるでしょう。
端的に言えば、徒歩1分は80mのことを指しており、距離を80mで割った数字が、徒歩をする際の時間(分)として表記されています。
ですので「徒歩5分」の場合は、距離に直すと400mということになるでしょう。
しかし注意しておきたいポイントもいくつかあります。
まず挙げられるのは、建物の入り口ではなくその敷地に差し掛かった地点までの時間になるということです。
なので、建物の入り口までの距離が長いような大きい駅の場合は注意が必要でしょう。
そして信号待ちや踏切待ちの時間は含まれないということや、1分未満の部分は切り上げられる(例えば1.5分の場合は2分として表記される)ということも、徒歩の時間数を見る際のポイントとして挙げられます。

美しい空間の中に別荘を建てませんか?

https://www.inagehome.co.jp/

名古屋でオフィス探しなら賃貸事務所「ダイレクトオフィス」

住宅のどんなご不満も(株)ボンドが解決
オーダー家具や収納棚で、ご自宅の「もっとこうしたい」を解決します。

大阪で最適なオフィスを探すお手伝い「貸事務所ラボ」

最新記事